メンバー(2018年度)

各人のメールアドレスは「(名前の後ろのカッコ内)@epsehost.env.kyoto-u.ac.jp 」です。

年度

スタッフ

名前職位
高岡昌輝(takaoka)教授
大下和徹(oshita)准教授
藤森崇(fujimori)助教
日下部武敏(kusakabe)助教
塩田憲司(shiota)技術専門職員
大澤惠芳(hisho)秘書
山本香代子(hisho)秘書

研究員・学生

博士後期課程

名前研究テーマ
D3: Siti Fatimah Binti Aminudin(sitifatimah)Study of Stabilization of Heavy Metals in Waste Incineration Residue(仮題)
D3: 佐藤淳也(-)
D3: Yang Jing(yangjing)Case Study of Behavior of Mercury in Landfill Sites(9月修了)
D3: 蒲池一将(-)
D3: 熊軼群(xiong)Study on Behavior of Heavy Metal in Landfill Site(仮題)
D3: 李 忱忱(lichenchen)Power-to-Gas: Biogas Upgrading in Sludge Anaerobic Digestionby Additional Hydrogen(仮題)
D2: Cheng Yingchao(cheng)
D2: Wang Quan(wangquan)
D1: Zhang Yuyao(zhangyuyao)
D1: 野田 康一(-)
D1: Chen Min-Hsuan(chen)
D1: Nguyen Thi Ngoc(ngoc)

技術補佐員

名前研究テーマ
Cao Peiqing(cao)10月より

修士2回生

名前研究テーマ
Cao Peiqing(cao)The Bioaccessibility of Heavy Metals from E-waste Recycling Sites(9月修了)
青木亮太(raoki)下水および汚泥に含まれる汚濁粒子の粒径別発熱量分布に関する研究
張錚(zhang)し尿汚泥と都市ごみの混焼による都市代謝施設間の連携可能性
三浦拓徒(miura)鉄系凝集剤と高分子ポリマーを用いた二液分離薬液注入による下水汚泥の高効率脱水に関する研究
宮原睦(miyahara)廃水銀化合物の長期安全管理のための湿式硫化処理に関する研究
向井康太(mukai)燃焼イオンクロマトグラフィーを用いた環境固体試料中の総有機ハロゲンの定量・評価
Paloma Frias(paloma)
Wang Jin(wangjin)
穴沢英明(anazawa)
Guo lidon(guo)

修士1回生

名前研究テーマ
上西隆太(uenishi)エポキシ樹脂を用いた廃水銀硫化物の固型化方法の開発
河﨑祐真(kawasaki)ごみ焼却主灰を用いたジオポリマーによる飛灰中有害金属の不溶化処理
西田崇矩(nishida)都市ごみ焼却飛灰中ハロゲン化多環芳香族炭化水素類のバイオアクセシビリティ
梁篤生(yana)超音波可溶化処理による下水汚泥中シロキサンの除去
Yoo Jun Yeong(yoo)FDR法に基づく土壌水分計を用いた脱水・乾燥汚泥含水率のリアルタイム分析に関する研究
梅宮 翔太(umemiya)
荻野 果那(ogino)
Febrian Rizkianto(-)

学部4回生

名前研究テーマ
井上裕晶(inoue)
北谷拓也(kitatani)
高見侑佑(takami)
辻井張希(tsujii)

研究生

名前研究テーマ
Mao Jiayu(mao)
Liu Chen(-)